« 旭川 | Main | 痩せるっ! »

2005.01.14

さよなら青少年科学館

私はプラネタリウムがちょい好きだ。
大好き、と胸を張れるほど足を運んでいないし、天文にも詳しくない。相変わらずオリオン座と北斗七星、カシオペア座くらいしか簡単に見つけられない。ただただ、暗く、快適な空調の中、リクライニングシートに寝そべって解説員の解説を聞きながら実際には観られないほどの美しい星空を眺めるのが心地よいのだ。
プラネタリウムっていいもんだと思ったのは東京に住んでから。渋谷の五島プラネタリウムに1年に1、2度位の割合で行っていた。平成13年、五島プラネタリウムの最終投影を最後に、閉鎖されてからは一度もプラネタリウムに行っていなかった。

kagakukan帰省中、旭川のプラネタリウムが1月いっぱいで閉鎖されると新聞で読んだ。プラネタリウムは青少年科学館の中にある。青少年科学館ごと7月に別の場所で新たにオープンするというのだ。私が子供の頃、初めて行ったプラネタリウムがなくなっちゃう…。ということで、見納めに青少年科学館に行ってみた。

そこはまるで時が止まったような空間だった。
青少年科学館に、最後に行ったのは中学生のときだったように思う。そのときすでに科学館はレトロなレトロな空間だった。しかし今もなおその姿を留めていようとは。
黄金バットが、人が通るとセンサーで反応して、ワハハハハハ、と笑うのだ。黄金バットって。小学生にわかるのか!? 20代でも知らないよなぁ。冬休み中だというのに中はガラガラだった。私と友人の他には小学生が3人。まぁこのセンスでは人は集まらないだろうな。この科学館ができた昭和38年当時の子供達はきっと目を輝かせて「科学」ってやつに触れたんだろうけど、そのときのまんまみたいだ。あまりに子供の頃のままなので私と友人は懐かしくて楽しかったけど。

投影時間が近付いて、プラネタリウムの中に入った。
せまーい! こんなに小さかったっけ。子供の頃の記憶では五島プラネタリウムと同じくらいの広さの感覚だったのに。椅子も堅くて軋んで、ちょっと窮屈なかんじ。
でも懐かしかった…。ぐるっと周りを囲む風景のシルエットは昔の旭川だ。解説は冬の星座オリオンや、牡牛座、冬の大三角とすばるのそばにいた彗星の話。それとなんでだったかトロイ戦争の伝説。去年映画『トロイ』を観たので細かな違いなど気にしつつ聞いた。その話の際使われたイラストが、どうにも「まんが描いたりするの好き」な昔の同人誌系の絵だったのにはいささか苦笑したが、まぁそれはそれで地方ならではの味。
投影が終了して、名残惜しく科学館を後にした。
サヨナラ科学館&プラネタリウム。

1月30日にはお別れイベントがあるようなのでお近くの方はぜひ。
旭川市青少年科学館

|

« 旭川 | Main | 痩せるっ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20091/2574568

Listed below are links to weblogs that reference さよなら青少年科学館:

« 旭川 | Main | 痩せるっ! »