« 『父、帰る』 | Main | マーフィー岡田事務局 »

2004.10.14

『オーバードライヴ』

歌舞伎町では東京国際ファンタスティック映画祭が始まったが、まったく関係なく『オーバードライヴ』の感想など。

予告編を何度も観ていて、とてもおもしろそうだったのでかなり期待して観に行った。明るく笑えて、ラストさわやかなB級娯楽作、ってあたりを期待して。ストーリーは予告編でほとんど言い切ってるので期待を裏切るものではないのだが、いかんせんおチャラケ過ぎの感がある。奇想天外なストーリーはそれだけで十分コミカルなのに、ちょっとクドい感じがした。特にアニメの部分。天使と悪魔が出てきたり、脈打つハートがヒラヒラしたり電話しながら壁を押し合ったりするのはテンポを崩してたような気がするのは私だけかな? あまり必要を感じなかった。話は好きなんだけど(もう少し三味線習得するのに苦労してほしかったけど)そういったあたりがB級というよりはC+級くらいな印象を持った。

カッシー弟はいい味出してた。スマートな兄とまったく違うタイプの、アクの強い俳優になったなぁと思う。『きょうのできごと』のときも思ったんだけどね。
晶は、いつも食ってばっかいて、あんな痩せてるわけないじゃん! とちょっと反感持った。かわいかったけど。
美潮役の鈴木蘭々はのびのびと演じていてハマり役だったと思う。蘭々は久しぶりで見たな。歌もうまいし、演技は役を選ぶかもしれないけれど、もっと出てても(芸能界に)いいのに、と思う。多分欲があまりないんだろう。仕事がある時期にポンと海外なんか長期で行っちゃうと帰国後大変なのは想像つくと思うんだけど、よほど忙しくて遊びたかったのかなぁ。あそこでもうひと頑張りしとけば、って今さらだけど思った。
エンディングもPV風で良かったと思う。

津軽三味線もああやって聴くとなかなかかっこいいものだなぁと聴き惚れた。

|

« 『父、帰る』 | Main | マーフィー岡田事務局 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20091/1681272

Listed below are links to weblogs that reference 『オーバードライヴ』:

« 『父、帰る』 | Main | マーフィー岡田事務局 »