« 『16歳の合衆国』 | Main | 『ドリーマーズ』 »

2004.08.20

悲しいとき

私は三谷幸喜の作品がとても好きだ。
特に『笑の大学』は彼の作品のベスト3に入るくらい大好き。
その作品が映画化されると聞いて喜んでいた。
キャスティングもホントは西村×近藤で観たいけど
まぁまったく別の味があっていいでしょう。
映画を観た帰り、『笑の大学』のチラシが置いてあったので
持ち帰って家で見ていて愕然となった。

監督 星 護

星護ってあの共同テレビの演出家の、
以前私がここでひとつの文中に2回も「嫌い」って書いたあの星護!?
なんで〜〜〜っ? なんで星〜〜〜? 最悪ですっ。
なんだか激しくがっくりした。
大好きな作品を嫌いな演出家が演出するなんて…。
まぁ『古畑』もやってるんだけどね。
ああどうかただただひたすらおとなしく原作の、
芝居の雰囲気そのままに演出してくれますように。
間違ってもこれみよがしに古代ローマ装飾や
西洋狛犬みたいの出して自己主張したり
冒頭引っ張り過ぎてもたついたりしませんように。
『忍者ハットリくん』と監督逆だったらよかったのにな。
とりあえず映画の成功を祈ります。

warai.jpg

|

« 『16歳の合衆国』 | Main | 『ドリーマーズ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20091/1237638

Listed below are links to weblogs that reference 悲しいとき:

» 初めてのトラバ(101回目の・・・) [押し入れの中]
 ウイニーとかウインエムエックスとか全然やらない僕ですが、やってる人を羨ましがる [Read More]

Tracked on 2004.08.25 at 11:11 AM

« 『16歳の合衆国』 | Main | 『ドリーマーズ』 »