« 光れ! 西村雅彦 | Main | 愛する人とのすれ違い »

2004.04.14

『花とアリス』

hana-arl

今日は仕事ゼロの完全オフだったので映画を観て来た。
花とアリス』。春休みも終わり、上映ギリギリに行ったが楽に座れた。
とても瑞々しい作品だった。
10代の女の子は無邪気で、傷つきやすく、ちょっと残酷だ。
自分に照らすとずいぶん昔の事になってしまったが
主人公のふたりに感情移入してチクチク胸にくる。
岩井監督の作品は久しぶりで観た。
彼の作品の中では『フライドドラゴンフィッシュ』が一番お気に入りだが
『花とアリス』はそれに次ぐかも。
情景も音楽も美しかったし。
アリスと父親のシーンが好きだ。
この年頃特有の、しっくりこないかんじを出しつつも、暖かい絆を感じる。
難を言えば有名人を無駄に出し過ぎた感がある。
あんなにチョコチョコ有名人を使う必要があっただろうか?
少なくとも広末はあそこにいらんでしょう。

最近映画を見るにつけ「年とったなぁ〜」と実感することが多い。
だって自分の「現在」じゃないから。懐かしむ自分が居て。
前向きに言えば忘れかけた感覚を思い出させてくれてアリガトウ、って感じだ。

B0001AE1X6.09.LZZZZZZZ
花とアリス 特別版

|

« 光れ! 西村雅彦 | Main | 愛する人とのすれ違い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20091/440956

Listed below are links to weblogs that reference 『花とアリス』:

« 光れ! 西村雅彦 | Main | 愛する人とのすれ違い »