« 『きょうのできごと』 | Main | 光れ! 西村雅彦 »

2004.04.12

『ワンダフルライフ』予想

明日からスタートするドラマ『ワンダフルライフ』の
ストーリーを大まかに予想してみた。

 天才バッター・桐島は、傲慢不遜で協調性のかけらもない嫌われ者です。理解者は代理人の妻坂だけです。その桐島が愛人といたホテルで転倒、大けがを負ってしまいました。球団からクビ、妻からは離婚を言い渡され、無一文で街に放り出された桐島に、妻坂が持ってきたのは常敗少年野球チームの監督職。借金取りに追われる桐島は、メンバーの姉みずきの用意した契約金50万円欲しさに引き受けることにしたのでした。

これが初回あらすじ。
フジテレビのサイト読んで丸写しすると叱られそうなので多少編集した。
ここから予想。
商店街の人たちや、野球がへたな子供達と、
いろんな出来事(ここが毎回のエピソードなわけだけど)を通じ、
衝突しながらもいつしか心を通わせ、
桐島も徐々に精神的成長をし、子供達も上達していく。
そして大切な試合のその日、
桐島にプロ野球復活かメジャー行きのチャンスがやってくる。
桐島は悩んだ末、商店街を去る決意をする。
少年たちは桐島との思い出を胸に、大会で優勝し、
桐島は鮮やかな復活を遂げる。終。

この話、なんか知ってるなぁ。
あ。三上博史主演の『それが答えだ!』じゃん。
マエストロ成瀬=天才バッター桐島じゃん。
…ってちょっと意地悪な書き方をしたが
別に皮肉で言ってるわけではない。
実は私はこの手の話が大好きなのだ。
あらすじを聞いただけでだいたい先が読めてはしまうものの、
それでもやはり好きなのだ。
観終わったあとのすがすがしさがいいの。
共同テレビのドラマにはこういったサクセスストーリーがよく出てくるように思う。
一癖も二癖もある、しかし人間味があって憎めない主人公と
それを取り巻くやはり味のある登場人物たちが
時には傷つけあい、時には慢心し、喜びを分かち合い、
努力して何かを成し遂げてゆくハートフル(表現が恥ずかしい…)なストーリー。
「ああ、まただわ」と思いつつ、ついつい観てしまう。
きっと『ワンダフルライフ』もそういうタイプのドラマかなぁ、と予想した。
なんて全然見当違いだったらごめんなさい。
でもまったく別の展開になるとしたら
それはそれで楽しいと思う。


|

« 『きょうのできごと』 | Main | 光れ! 西村雅彦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20091/431665

Listed below are links to weblogs that reference 『ワンダフルライフ』予想:

« 『きょうのできごと』 | Main | 光れ! 西村雅彦 »