« アッカ情報流出〜っ!? | Main | なんか嫌いなコマーシャル-1 »

2004.03.26

『牡丹と薔薇』終了

最終回も見ちゃった。
毎回、大暴れする香世と
理解できない行動をとるぼたん、
独特のセリフまわしを見るのが楽しみで見続けた。
結局普通の感覚を持った人がひとりも出てこないドラマだった。
おかしいよ、キミたち。
『真珠夫人』もそうだったけど
「えぇぇ〜っこんな展開アリかよ〜っ!?」ってほどの物語世界。
こういうドラマの楽しみ方って、
かつての大映ドラマあたりから始まった気がする。
山口百恵が出演しなくなった「赤いシリーズ」の頃から。
まぁその頃と違うのは出演者たちもその異様な世界を
余裕を持って楽しんでいるように感じるところかな。
普通の、良質のドラマを見たあとって
その後のストーリーや描かれなかったストーリーを
自分なりに想像したりすることがある。
この『牡丹と薔薇』の最終回を見て初めて「その後」がひとつだけ気になった。
由岐雄、あのステキなネクタイいつしめるのかな〜?

|

« アッカ情報流出〜っ!? | Main | なんか嫌いなコマーシャル-1 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『牡丹と薔薇』終了:

« アッカ情報流出〜っ!? | Main | なんか嫌いなコマーシャル-1 »