Main | March 2004 »

2004.02.28

若いコの一人称「うち」

ここ数年、10代の少年少女が自分の事を「うち」と言っているのを
よく見聞きするようになった。
テレビや雑誌投稿などで頻繁に見かけるので
それほど地域的な一部の流行ではないようだ。
方言(どこのかわかりませんが)で使われる、
前にアクセントがくる「チの名前はラムだっちゃ!(古…)」の
チ」ではなく、
「そこが私のうちです。」のときに使う平板読みの「うち」。
特に小中学生のローティーンが使っているように思うけど
私の身近にその年頃の子がいないせいか聞き慣れず、なんとなく違和感がある。
「うちは」というときは一般的には自分の家族を含めた「僕、私の家では」
というときに使ってきたと思うがなぜ今それが変わってきたんだろう。
使っている少年少女は深く考えてはいないと思うが
自分をボカしてしまわないだろうか。
たまに「男ってヤツはさぁ」とか「女のイヤなとこ見せちゃったぁ」なんて言って
あたかも自分の否を性別による性質であるかのように置き換えてごまかす人がいるけど
「うち」の中にそういう気持ちが忍び込みやしないかとちょっと思う。
うまく言えないけど自分の意見を言う時、
「うち」の中に「父さんも母さんも姉ちゃんも」という意識を持ち込んで、
自分ひとりじゃない、
我が家ではスタンダードな意見であるという安心感を得ると同時に
アイデンティティを弱めてしまうようなかんじ。ちょっと考え過ぎか。
昔昔、私が小学生の頃、女子の間で自分のことを「ボク」というのが流行った。
多分学校単位よりはもっと幅広く流行していたように記憶している。
当時人気マンガの主人公であるボーイッシュな少女が
一人称を「ボク」としていたのを
気に入った誰かが真似て使い始めたのだろうと思う。
私は、マンガの主人公になりきっているような、
そんな気恥ずかしさを感じたから使わなかったけど。
話を戻すが「うち」はいったいどこから派生したものなのか?
誰が使い始めてどのくらい使われているのか?
マンガやアニメや小説やアイドル…??
10代の人、またはその身近にいらっしゃる方、知ってたら教えてください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.27

元BB会員ですが何か?

Yahoo! BBができたころ安いのでまっ先に申し込んで
待ち時間もなくすぐ開設できた。
「Yahooは待たせる」との大ブーイングの中、優越感さえ味わったものだ。
1年もたたず解約したのはずさんな管理とサポートのせい。
ある日いきなりネットにつながらなくなり
サポートに電話をしたら、ようやく繋がって、
たらいまわしされ何度も詳しく状況説明後に言われた言葉は
「二週間後に詳しいものから電話させます」。
二週間も放っておかれては仕事にならないので文句言って解約を申し出た。
二週間後にYAHOO側の問題とわかって(当然じゃ)謝罪を受けたが後の祭りでしょ。
調べたら入会してから一度も
クレジットカードから料金を引き落としされていなかった(!)ので
まぁいいかと少しは腹立ちも紛れたが
そんなずさんなことでいいのか? Yahoo! BB。
あのときやめておいて良かった、と思ったけど
やめた人の個人情報、よもや残ってはいまいな!?
フ、不安…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.25

水野真紀といえば上越香奈

水野真紀さんご結婚されるそうでおめでとうございます。
水野真紀といえば私の中では上越香奈である。
上越香奈とはかれこれ10年以上前に放送された
テレビドラマ『29歳のクリスマス』で水野が演じた
若くて可愛くて打算的なOLの名前。
香奈は社内のエリート社員と婚約(恋愛感情不在の)をしていながら
結婚前に「胸キュンの思い出」を作りたくて
ギバちゃん演じるところの地位も名誉もない、
普通の優しい熱血漢・新谷とつきあい、ほだされてついに一緒に歩む事になる。
結末はともかく、とても上手に演じていたこともあり
この香奈と水野がなんとくダブる。
たしか今回の議院さんの前に噂になった人は広告代理店勤務。
ブランドに弱いのかなぁ上越…じゃない、水野真紀。
香奈役後も水野真紀はいろんな役を演じ好評を得ているし、
お菓子づくりに没頭して海外留学までしている
地道な頑張り屋さんのイメージも世間的にはあるだろうが
香奈はCM以外で私が初めて見た水野真紀の演技だったので印象がより強いのかも。
密かに、結婚ドタキャンしてかけ出しのお笑いタレントか名もない地方公務員と
駆け落ちでもしないかなぁとドキドキ期待している。

追記 3月3日御入籍されましたね。おめでとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.24

キダムの休憩時間

先日キダムを観て来た。
キダム自体はすばらしかった。
幻想的で、鍛え抜かれた人間の身体は美しく、
そのパフォーマンスは見事なものだった。
間に挟まった25分間の休憩中、
観客席を離れて休憩所というかフロアに出たら
グッズやスナックやドリンクなどの販売があり(持ち込みは禁止)
長い休憩時間の退屈をそこそこしのげるようになっていた。
休憩時間が長いのは肉体を駆使するシルク・ドゥ・ソレイユのみなさんが
お疲れのためだと最初思ったのだが
もしかしたらグッズや食べ物を買わせるためじゃないかと
一緒に居た友人と勝手に納得した。
フロアにはモーニング娘。の誰かまではわからないが声がずっと流れている。
正確には覚えていないが
「キダムすごいね〜。あ〜おなかすいちゃった〜。わー食べるものがいっぱいあるー」
…みたいなことをずっと言っていた。
キダムを宣伝するだけじゃなく、休憩中の食べ物の宣伝までしている。
モー娘。が「おせんにキャラメル〜」なんて売り歩いてるみたいな錯覚。
まったく抜かりがないというかご苦労さんなことだと思う。
主催者の思うツボと知りつつも
私達は生茶500ml/350円とビール350ml/500円を購入して公演の再開を待った。
高すぎるって。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.23

小泉・永瀬が離婚かぁ

初めてblog使おうと思ったら
小泉今日子・永瀬正敏が離婚したというニュースが流れて来た。
噂はあったし、いつかはそうなるかと思ってたけども。
実は私はふたりとも結構好きなのだ。
まぁどちらも離婚が表現者としての立場に悪影響を与えるとは思えないので
この先もずんずん我が道を歩んでほしいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Main | March 2004 »